初めて買ったエロ漫画はうたたねひろゆき

エロマンガノゲンバ読了。

宮﨑勤事件から起こる規制の波により91年からエロ漫画冬の時代が発生するが、94年にはエロ漫画バブルが起こるので、規制なんか起こっても大したことないのではないかと思えたりする。
そりゃあ、オタクが自民党表現規制に対して危機意識は持てないよなあ。
インタビュー群を読んでて思ったのは、あの頃の規制より、現在の売れ線を狙う編集方針の方が、表現の自由や多様性を狭めてる用に見える。
つまり、権力者の規制より、俺たちの趣向が悪いんだよ!!

萌え漫画に少女漫画の影響などなかったと言い張る人たちが、togetterのコメ欄に生息してるわけだが、森山塔先生が
「読んでいたのが少女漫画ばっかりだったので、その影響が大きかった気がしますね」
なんて、こと言ってるので、エロ漫画には少女漫画の影響はあったのである。

うたたねひろゆき先生ってカウントダウンのあとエロ漫画描いてないのが意外だった。
エロ漫画家としてのキャリアもっと長いかと思ってた。
ちなみに、僕が初めて買ったエロ漫画はです。

有馬○太郎といえば、Tシャツびりびり男である。リアルタイムでファンロード読んでたわけじゃないですが。
ファンロードからフェードアウトしたのは、エロ同人作って編集部に嫌われたからと語ってるが、本当だろうか?
大手サークルとなったために、壁サークルと癒着してる投稿雑誌と言われたくて、彼らを使わなかったのではないだろうか?
でも、○蜜柑氏の空の魔女シリーズが単行本化されてない理由がわからない。

追記:

 

kangiren.hatenadiary.com