今日買った本

あの娘と目が合うたび私は

社会人百合アンソロジー

パートさん×社員の不倫物3ページ漫画、
雨の日、まぼろし
が良かったです。

 

明るい記憶喪失3巻

スキンシップが過激になってきて大変満足いたしました。

高校時代のマリさんが、渋谷凛みたいでステキ。

 

新米姉妹のふたりごはん5巻

  • 柿を干してるあやりたんのおっぱいに視線がひきつけられてしまう。
    エプロンの横から見える胸のふくらみは、服を着ててもこんなにドキドキしてしまうのか。
    むしろ、服を着てた方が、いろいろ想像できてやばいかも。
  • あやりたんはボッチ。
    なぜ、百合少女たちはボッチなんですか?
    と思ってたら、あやりにも友達ができた。
    あやりに友達ができてほしいと思っていたのに、いざできると、寂しさが生じるサチ。
    が、杞憂。
    サチは、あやりの友達である飼育委員の篠田さんとうちとけ、最後には
    「お姉さま」
    と、呼ばれる始末。
    サチ、天然ジゴロだ。
    サチの百合ハーレムが着々と築かれていくなあ。

 

ぼくたちは勉強ができない5巻
ぼくたちは勉強ができない6巻

  • うるかちゃんと成幸のデート(仮)の様子をうかがうために変装した文乃ちゃん。
    メガネも似合う。
    カワイイ。
  • 先生はコスプレ要因に決まったようだ。
    5巻ではセーラー服で女子高生コス。
    6巻ではスク水
    先生が推しの自分としてはたいへん美味しゅうございました。
  • 理洙たん限りなくHに近いGだって。
    あの背丈でGだって。
    すげえ。
    そして、メガネっ娘でしょ。
    最強すぎるだろ。
  • 受験生の夏休みと言えば、予備校の合宿。
    合宿と言えばラッキースケベのお約束。
    男女が露天風呂でばったりという展開。
    しかし、この作品は少しひねりを入れてきた。
    間違えて入ったのが女性陣、そこに主人公が入ってくるというパターン。
    慌てて出て行くのが女性キャラというのは新鮮だ。

 

有害指定同級生1巻

三つ編み委員長の隣の席は、変態淑女だったのです。
というお話。
変態淑女=友達いない=ボッチ少女=百合(←キスもあるでよう)
こんな変体百合漫画ですが、ブラック校則という現代社会をえがいてたりする。
彼女たちの通う高校には、

「喫茶店、ゲームセンター、ビリヤード場などに出入りしない」
「繁華街をむやみに出歩かない」

という校則がある。
まじめ委員長の八橋さんは律義に校則を守る。
今までボッチだった都城さんは、八橋さんと放課後に一緒に遊びたい(←デート)
で、都城さんが取った手段が

「先生ーッ」
「今日これから八橋さんと遊びに行ってプリクラ撮ったりしたいんですがかまいませんかね!!」

先生に許可をもらうという極めてまっとうなことだった。
先生の返答

「おぉ…何でそれ許可求めてきたの……」


ブラック校則、生徒手帳に書かれてるだけで形骸化してるという話。

 

百合ドリル

出題されるお題で百合を書くという百合アンソロジー

年の差百合のお題に
「小学生女子が大好きなお姉さんの家に遊びに行ったロリコン漫画を見つけてお姉さんの闇を知ってしまった」
という作品が一番好きです。 この作品を描いたのが、いつもはケモ耳ほんわか百合を描いてる伊藤ハチさんだというのがヤバいなあと思いました。

 

↓以下、お子様は見ちゃダメ

続きを読む

今日買った本

ムルシエラゴ5巻

 

クロスアカウント4巻

最終巻。
この巻数では、設定が生かしきれなくて消化不良。
公園での幼馴染との雨宿りが一番ピークだったなあ。
もったいない。
この作品の良さをわからないジャンプ読者が悪いのか、
幽奈さんぼく勉ソーマと連載時期が重なってしまったのが悪いのか。
次回作もこの路線か、バトル物になったとしても女の子のかわいさを前面に出してほしいなあ。

 

熱帯魚は雪に焦がれる2巻

友達との距離感をつかめきれなくて困惑する感覚すごくわかる。
この作品ボッチあるある漫画だ。

百合とアクアリウムの相性の良さは何なのか、作者がアクアリストだからなのかと思ったら、萩埜センセは魚飼ってないとのこと。

 

はなにあらし1巻

幼馴染から恋人に進展したカップルの百合漫画。
手をつなぐだけでドキドキしちゃうのが初々しいなあ。
百合漫画はキスして当たり前、むしろ粘膜同士こすりつけ合ってほしいと思ってる自分はなんと薄汚れてることか。

 

モネさんのマジメすぎるつき合い方3巻

僕は朝比奈たん!!

ファンタジー世界で触手に襲われるエロいファンタジーのお約束漫画がたいへん美味しゅうございました。

 

よつばと14巻

  • あずまきよひこ作品は、あずまんがというひとつのジャンルである。
    漫画読んでるのに、アニメ見てる感じになる。
    漫画なのに動きがある。
    なので、アニメ化してほしいという気が別に起きない。
    漫画で十分。
    あと、父ちゃんの声が、地球を征服するなんてのナスDで脳内再生された。
    なぜだ?
  • ヨガ教室に行ってみるよつば&女子高生ズ。
    風香&しまうー体硬すぎだろ。
    今どきの女子高生ってこんななの?
    (こんなものか…工房のころのじぶんはどうなんだ)
  • よつば東京行く。
    満員電車初体験のよつば。
    ぎゅうぎゅう。

    これはでんしゃのつかいかたまちがえてないの!?
    これがただしいの!?
    ただしいことなの!?

    深い、深いなあ。
  • 東京に行ったのは、車を譲ってもらうため
    相手は小春子という女性。
    え?女性?
    まさか、父ちゃんの元恋人とかそういう関係の人?
    風香ちゃん最大のピンチじゃん。
    とか思ったら、妹だった。
    妹という存在に思い至らなかったのは、
    1. 父ちゃんは、一人っ子だと思ってたから。
    2. ブコメとしてのよつばとは、風香エンドはないと思ってるから。
    です。
    2に関しては、よつばとリミックス・タイム・ミックス―いーだ俊嗣作品集 1 (ダイトコミックス)を意識して設定してると思われ、同じような最終回はないだろうと思うのです。
    (↑そもそも、父ちゃんの恋模様は描かれないのではないか。最終回もよつばが小学校に入学で終わるのではないか)。
  • 妹ちゃんメガネっ娘
    あずまんがの良い点は、メガネのレンズで顔の輪郭が歪んでる点である、というか、いくら一般向けを狙ってもフェティッシュな所。

今日買った本

今日も女の子を攻略した2巻

表紙とタイトルだけで判断するなら、男性主人公が表紙の女の子を攻略してHするみたいなものを連想するかもしれないが、そうじゃない。
この表紙の女の子が、次々と周りの子を魅了していくという百合物。
キスもあるでよ!!

イケメン美少女というと、セラムンで言うならウラヌス、アイマスで言うならまこりんとボーイッシュな感じか、頼りがいのある感じの女性(←セラムンでいうと、まこちゃん)なわけだけども、この作品の主人公は、テンプレなイケメン美少女ではない。
あきらかに、オタク受けしそうな萌えキャラなのだ。
そこが新鮮なんだと思う。
では、どこがイケメンなのと言われたら、立ち振る舞いというか、コミュニケーション能力であり、普通の男子では太刀打ちできないだろ(作品内での話)という所なのかな。

今日買った本

麗 誉アートワークス

誉センセの描く女性同士の絡みがすごく好き。
カメラ目線なので、百合かどうかという議論の余地はあるが。
携帯による自撮り環境が整ってきたことによって、カメラ目線でも百合だという考え方がありになったような気がする

今日買った本

やがて君になる5巻

水族館デート。
百合と魚の相性の良さはなんなんだ?
(↑そう思うのは、自分が魚買いだからという可能性はある)

 

私だってするんです1巻

女の子は何をおかずにオナニーしてるの?という内容。
オナニー体験告白大好きななので購入。
エロや萌えを期待するとガッカリするかも