アクアリウムの醍醐味は濾過にあり(僕は水替えが好きだけど)

元気な魚が育つ水槽作り-「臭わない」「にごらない」水槽で水換えなし-読了。

 サブタイトルの水換えなしという文言に惹かれて読んでみた。

水槽の水を換えなくても問題がないのは、バクテリアの力によって自然に濾過するから。

自然に濾過を行うために、バクテリア溶液を作ろうという趣旨がこの本。

バクテリアを溶液を作る手間と保管場所を考えるとまめに水替えした方が楽だよなあ?

バクテリア溶液自体は、作るの面白そうなので、機会があれば挑戦したいとは思う。

今日買った本

ラノベ編に突入してから、響ちゃんが翻弄されることが多いんだよなあ。

それでも、ラノベ界隈にも着実に影響を及ぼし始めつつある。

響に殴られたラノベ作家は、初心を思い出して、尖がってるし。

ラノベは、尖がっててなんぼだよな。

ラノベに中二精神大事。

 

なんで、戦国絵巻にはらたいらが?
倍率ドン!!

 

そうそうこれだよこれ、遭難サバイバル物はこうでなくちゃ。

無人島に漂着したぞというお話で、衣食住そっちのけで殺しあったりSEXしたり島の謎解きしたりするのおかしいだろと思ってたので、無人島に漂着したら衣食住をどうするかが主題であるこの作品は僕の求めてたものです。

女子高生たちが無人島に流れ着くという話なので百合方面も期待できる。

水を確保するためにおしっこを飲みあうかみたいな展開になりそうだったのですごく良かったです。

ブヒブヒ。

サブカルから見たインターネット史観

僕たちのインターネット史読了。

 

インターネット前史である80年代。

日本のパソコンカルチャーを語るのに、ログインやベーマガではなくテクノポリスを取り上げるのが、面白い。

その内容がニューウェーブでサブカルなのが意外。

テクノポリスといえば、総合パソゲー誌の中でもっとも肌色率が高かったイメージしか知らないから。

ばるぼら、さやわか両氏が語ってるテクノポリスはおそらく創刊号近くの話なんだろうなあ。

テクノポリスという雑誌名なのだからYMOの面々がいてニューウェーブな感じでもおかしくないよな。

 

インターネットで政治が語られるようになったのは10年代以降だというのは、見てる風景が違うのだろうなあ。

著者の二人はサブカル寄りの人である。

サブカルな人たちは政治の話をしなかっただけではないか。

誰が政治の話をしてたかというと、オタクではないのか。

オタクたちは表現規制に敏感であるがゆえに、政治の話をしなくてはならなかった。

僕はオタクの端くれなので、政治談議をよく目にしてたということ。

オタクは、政治の話をしたがるので

アニメアイコンネトウヨ

みたいな言説も生まれるのかもしれない。

(なぜ、アニメアイコンが右翼思想にかぶれるのかまでは説明できないが)

今日買った本

四季賞大賞受賞作が大変すばらしかったので、アフタヌーン 2017年9月号[2017年7月25日発売] [雑誌]を購入。

捨身-photographs-(嘉村田逸名)

扉絵が女子高生の露出自撮りという構図。

この作品のエロい点を評価して賞を挙げた編集部並びに幸村誠先生素晴らしい!!

エロだけかというと、そこはアフタヌーン

露出行為がばれるのだが、ばれる相手が同級生の女子。

そこから、友情を育んでいくという話。

青春してるよね。

JKの友情物ということで、百合である。

露出物+百合

アフタヌーン買うしかないじゃない。

 

水換えなしにひかれて購入。

 

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書から12年かあ。

 

水族館デート。

水族館(アクアリウム)と百合は相性が良いと思いませんか?

百合漫画でバイオレンスアクションでグルメ漫画というわけがわかんない作品ですが、

この巻は黒湖さんがおとなしかったので、グルメ漫画要素が強めでした。

 

今日買った本

 

修学旅行中に飛行機が墜落。

漂着した先は、巨大化した昆虫が住む島だった。

彼女たちは生き残ることができるのか!!

ベクターケースファイル原作者の作品なので、百合描写有り。

今日買った本

サイタマの強さは、生まれ持っての才能が開花した物なのか、努力の賜物なのか。

どちらなんだろうか。

ジャンプ作品だと、

「実は魔界の住人」

「実は宇宙人」

「実は王族」

だから、強くて当然みたいな話になりがちなので、サイタマは普通の人間が努力によって才能が開花した方向で行ってほしい。

 

住居の模様替えの時に処分してしまったが、読み返したくなったので。

何が読みたいかというと、女体なんだけど。

だったら、女囚サソリ擬きの新作を買えという話ではあるが。

 

山田先生って、藤田和日郎氏のアシスタント出身化と思ってたけど、違うんだね。

土山しげるいましろたかしのアシスタントだそうで。

YKK

YKK秘録読了。

YKKとは、ファスナーメーカーのことではない。

山崎拓加藤紘一小泉純一郎のことである。

この、YKKトリオ。僕は結構好きである。

 

YKK結成のエピソード3人の特徴がにじみ出てて面白い。

山崎「小泉はエキセントリックな男だから、話が合わないよ」

加藤「じゃあ本人に聞いてくる」

加藤「君はエキセントリックだと拓さんが言ってるが本当か」

小泉「そうだよ、俺はエキセントリックだよ」

変な奴かどうか本人に問いただす加藤さんも加藤さんだし、否定しない小泉さんも小泉さんだよなあ。

 

僕の父は自民党の中で加藤紘一に期待してたらしいのだが、加藤の乱の失敗ならびに本会議欠席にがっかりしたそうだ。

しかし、期待してただけで何もしてないよね。

加藤の乱のとき、加藤紘一に期待してた人たちは何かしたのだろうか?

加藤派山崎派に所属する地元代議士の激励の電話一本でも入れるべきではなかったか?

加藤派山崎派が総会を開いていたホテルオークラを支持者が囲むべきではなかったか?

結局、加藤の乱は、コップの中の嵐に過ぎなくて、自民党の中の権力闘争にしか感じられなかった。

政党政治家として加藤さん山崎さんのやろうとしたことは邪道で、むしろ森派会長として同調しなかった小泉さんの政党政治家としての評価が高まった。

そんなできごとだった。

加藤の乱に乗らなかった小泉さんではあるが、2001年の総裁選で負けてたら小泉さんは自民党を離党していたかもしれないとのこと。

YKKによる新党・政界再編というのも見てみたかったし、実現してたら今の安倍政権はありえただろうか?

だが、総裁選に敗れたので自民党離党というのは、有権者に理解されただろうか?

また、生粋の政党政治家である小泉さんは本当に自民党を離党しただろうか?

疑問ではあります。

 

2001年の総裁選を圧勝して小泉純一郎自民党総裁内閣総理大臣になった。

僕は、小泉純一郎というキャラクターが好きである。

小泉純一郎ぽいというだけで、医療漫画「フラジャイル」を読んでたりする。

(↑小泉っぽいでしょ?ぽくない?)

が、小泉内閣は支持できなかったなあ。

防衛族の山崎さんの回顧録なのでそう思えてくるだけなのか?

小泉内閣で行われた国政選挙で自民党に投票したことがないので、支持はしてなかったのだ。

ハンセン病訴訟上告断念とか評価できる点もあるけど。

 

回顧録は、安倍晋三が出てきて終わる。

結局YKKは、田中派支配の政治に代わって清和会支配の政治を誕生させることになっただけなのか?

なぜ、小泉さんは安倍晋三氏を引き立てたのだろうか。

小泉さんの目には安倍さんはどう映ってたのだろう?