今日買った本

ミュージアムの女

 岐阜県美術館広報漫画の単行本化。

地元民なので購入。

岐阜県美術館で好きなのは、ルドンの蜘蛛をモーチフにした一連の作品(このロリコンどもめ!!)と、

山本芳翠の裸婦図http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/17768/kaiga/rafuzu-yaでmamoto-housui.htmlです。

  •  この漫画を最初に知ったのは、岐阜県美術館をぐぐった時でした。
    岐阜県美術館のツイッターアカウントにアクセスしたら飛び込んできたのがこの漫画。
    ますむらひろしっぽくて好きだなあ」
    というのが最初の感想で、次に浮かんだのが、
    「この公式漫画は、職員が無料で描いてるんだろうか」
    「担当の職員さんが、非常勤とか契約職員とか派遣だったら地獄だなあ」
    でした。
    前者の感想は、今回の単行本化で報われたし、後者の感想は、僕の杞憂に過ぎなかった。
  • 「作者の他の作品読みたいなあ」
    「同人誌やってないかなあ。」
    「作風的にコミティアあたりに参加してそうだけど」
    と思ってたのですが、ググった限り同人活動はしてなさげ。
    趣味で漫画描いてる人が、皆同人活動してるというのは、オタクの思い込みだ。
  • 美術館には、おしゃれな人やサブカル気取りな人しか来ないと思ったら、子供たちもやってくるらしい。
    以外だなあ。
  • 休暇の日に自分の職場を訪れるのが好きというのは、うらやましい。
    好きなことを仕事にしても、好きなものを嫌いにならないってすごいことだと思います。
  • 庭園のコケモモ、食べられますってあるけど、ホントに食べていいんですか?
    あくまで、岐阜県美術館の所有物なわけでねえ。
    気になります。