今日買った本

菱川ちゃんが小槙ちゃんの弟君と仲良くなる展開。

百合原理主義者からは反発を呼びそう。

僕は、可愛い男の子もいける口なんでOKです。

おねショタもいいもんだよね。

お金の力でなんとかしようとする1巻の菱川ちゃんは、エンコ―少女ぽかったけど、2巻で、アホの子だと判明した。

 

作者の小学生の頃のお話。

90年代当時の流行りを思い出して懐かしい。

自分は、当時すでに専門学校生~社会人1・2年。

そんな年齢で、なかよし連載作品を知ってる懐かしいと思えるのはアレである。

(大きいお友達を抱え込んだなかよしがすごいともいえる)

1巻でシンパシーを感じたのは、高田君だろうか。

自分もトイレ間に合わなくてうんこもらして、手にべったり壁にべったりという経験をしたことがあるので。

(幼稚園の頃ですが。さすがに小学生になってからうんこ漏らすようなことはない)

(うんこもらしにかんしては、30過ぎてから何度かあります。30過ぎるといろんなところが緩くなるから、みんな気を付けよう)

 

百合編集部によるおねロリアンソロ本。

おねロリというよりロリおね。

ロリにお姉さんたちが翻弄される作品が多かった。

お姉さんにロリが教育される話も読んでみたいなあ。